岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

大学院保健福祉学研究科 博士後期課程 Graduate School of Health and Welfare Science

看護学大講座

看護専門職は多様かつ急速に変化する社会状況を認識し、人々の健康の維持・増進または疾病予防や回復を目指す方法を見出していかなければならない。そのためには健康と看護の概念の史的変遷をふまえ、看護実践をとおして生じる諸現象やケアそのものを科学的に解明していく必要があります。

本大講座では、慢性疾患患者やがん患者及びその家族が抱える諸問題や高齢者のケアニーズに対応する看護システムやケア開発、看護の質向上に資する教育・研究を行います。

[学位記に付記される大講座分野の名称]
看護学

教員・講座の研究内容

看護学大講座

授業科目 教員 講義等の内容
基礎看護科学特別講義Ⅱ 体への圧負荷は静脈穿刺時の駆血や褥瘡予防の体位変換など,様々な看護場面で問題となる.圧負荷による局所および末梢の循環動態の変化と,それに伴う細胞・組織の応答について解明する.
成人看護科学特別講義Ⅰ がん治療の発展に伴い、がんは慢性疾患として考えられるようになり、がん医療は第2ステージに入った。Cancer Surviverとしての患者と家族が、生活の質を取り戻し維持し高めるための支援と評価について探求する。
成人看護科学特別講義Ⅱ 最近の医療の高度化にともない、急性期疾患看護において医療者-患者間のコンフリクトが増加してきている。このような社会的状況に基づき、看護師がリスクマネージメントにおいて果たす役割を明らかにするとともに今後のあるべき姿を探る。
急性期疾患看護におけるコンフリクトの引き金となる、体位による神経・皮膚障害や、患者搬送の危険因子などを量的研究で具体的に明らかにしていく。
成人看護科学特別講義Ⅲ 死亡率・罹病率ともに上位を占める慢性疾患は、複雑・高度に発展した時代を生きる人々の生活と環境から生じる副産物ともいえる。慢性疾患は、病む本人とその家族に持続的で多様な苦痛をもたらすことから継続的・総合的な支援が必要とされている。さらに、慢性疾患患者の増加が医療費の高騰など社会の全般に影響することから、学際的な取り組みが重要視されている。
本講では、このような健康問題を広く理解した上で、生涯にわたって症状をコントロールし、病いと折り合いをつけながら生活を調整し再構築していくための患者と家族への援助方法を探求することを目的としている。
老年看護科学特別講義 人生の最終段階にある人々を対象とするケアについて、国内外の研究動向を参照にしながら、個人や家族および療養お場の多様化に沿った、全人的にケアの実践と評価について量的研究により検証する。
小児看護科学特別講義 小児看護学の主要な理論と概念について理解を深め、子どもと家族への支援について様々な視点から検討する。
母性看護科学特別講義Ⅰ リプロダクティブヘルス/ライツの視点から、女性と家族への看護について、国内外の文献から研究の動向を探求する。
母性看護科学特別講義Ⅱ 助産学領域におけるケアのエビデンスを探求する研究を目指し、その基盤となる研究動向を文献レビューを通して把握し、考察する。
地域看護科学特別講義Ⅰ 健康と看護の概念の史的変遷をふまえて、地域看護学(行政・学校・産業・在宅)の成立基盤と研究の動向を探求する。
さらに、海外文献を含む先行研究への批判的検討を通して、各自の研究へと発展させる。
精神看護科学特別講義 臨床、地域、学校等の様々な場で行われる精神看護を想定し、精神科臨床およびメンタルヘルス不調の予防活動において用いられる諸理論や先行研究について解説する。
国際コミュニケーション特別講義 応用言語学の中でも学際領域とされる母語獲得と第二言語習得の問題を取り上げ,コミュニケーションを考察する。ヒューマン・ケアに携わる者が,人間にとって言語とは何かという問題を考える上で,言語と思考との関連,母語と第二言語との関連,他者とのコミュニケーションなどの観点から,コミュニケーションの本質を科学的に分析することを目的とする。
看護学特別研究 指導教員の指導のもと、研究テーマとその周辺分野に関する最新の研究動向を調査し、学会への参加や他機関との交流などを通して、研究計画能力と総合評価能力を培わせるとともに、新たな知を創造できる能力をつけさせる。博士論文作成のための理論、実験等に関する研究指導を行う。

(注)授業科目及び担当教員は一部変更する場合があります。

論文テーマ

2017(平成29)年度

  • 看護師のワーク・モチベーションに関する基礎研究
  • 看護職者の共感ストレスに関する基礎研究
  • ICU survivorsのせん妄とICU入室体験に関する研究

2016(平成28)年度

  • 看護師の職業キャリア発達に関する基礎研究

2014(平成26)年度

  • 訪問看護ステーション管理者の職務継続に関する研究
  • 母の育児負担感緩和の為の父の親性に関する研究
  • 末梢静脈穿刺におけるタッピングとマッサージの静脈怒張効果の検証~効果的な静脈怒張法の確立を目指して~
  • 末梢静脈の怒張を目的とした上肢温罨法の検証
  • A Novel Approach to Providing Nursing Care in Hospital of Nepal

2012(平成24)年度

  • 医療事故に伴うインパクト体験と安全学習および看護師の成長に関する研究
  • 在宅要援護高齢者のソーシャルサポートと自尊感情に関する研究

2011(平成23)年度

  • 前立腺がん患者の排尿・排便・性機能に対するストレス認知と心の健康に関する研究
  • ケアスタッフがとらえた認知症高齢者の自我構造の特徴が対人交流に与える影響
  • 褥療予防における側臥位角度の検証
  • 東アジア圏域における高齢者に対する家族の介護意識の社会化に関する基礎研究

2010(平成22)年度

  • 静脈穿刺に用いる駆血帯装着時の適切な駆血圧の検討
  • ギャッヂベッドによる安楽な背上げ・膝上げ方法の検討

2009(平成21)年度

  • ずれ負担が褥瘡形成に与える影響
  • アルツハイマー病患者の日常認知・行動測定尺度の開発
  • ユニット型介護老人保健施設における認知症ケアの質に関する研究

2008(平成20)年度

  • コミットメント理論による看護師の離転職に関する研究

2007(平成19)年度

  • 初発乳がん患者の肯定的心理がQOLに及ぼす影響の検討
  • 高齢者のスピリチュアリティに関する研究
  • ライフスキルトレーニングを用いた性教育プログラムの開発と評価に関する研究

2006(平成18)年度

  • 在宅認知症高齢者の家族介護者におけるニーズに関する研究
  • 医療依存度の高い療養者を在宅介護する家族の介護準備態勢に関する研究
  • 褥瘡における血管病変の検討

2005(平成17)年度

  • 看護師のストーマ看護実践がストーマ造設患者の適応状態に及ぼす影響
  • 障害モデルを用いた慢性閉塞性肺疾患患者の活動能力と精神的健康に関する研究
ページTOP