栄養学科TOPイメージ

栄養学科

保健福祉学部棟

学科ニュース・イベント

過去の学科ニュース・イベントはこちら
2016年度
2015年度
2014年度
〜2013年度
最新
卒業式・学位授与式がありました。

平成28年3月24日に、卒業式・学位授与式がありました。栄養学科代表として角野はるかさんが学長から学位記を授与されました。
また、卒業式終了後には全員に学位記が授与され、さらに各賞の授与が行われました。
本年度の各賞受賞者は以下の通りです。

【学科長賞(成績優秀者上位3名)】
角野 はるか さん
牛丸 さつき さん
鴻池 優佳 さん

【全国栄養士養成施設協会理事長表彰】
鴻池 優佳 さん

【日本農芸化学会学生奨励賞(学部生)】
礒野 千晶 さん

平成27年度卒論発表会を行いました。

平成28年1月13日、14日に4年生の卒論発表会を行いました。
学内外の先生方、先輩や後輩が見守る中、1年間の研究の成果を全員が発表しました。

木本眞順美教授の最終講義を開催しました。

平成28年3月1日に、今年度末をもって定年退職を迎えられる木本眞順美教授の最終講義を開催しました。
木本先生には「物探し・モノづくり研究の40年を振り返って」と題してお話いただきました。
最終講義後、木本先生を囲んで茶話会を開催しました。

臨地実習報告会を行いました。

本学科の3年生が、平成27年12月17日~18日に臨地実習報告会を行いました。
臨床栄養学実習Ⅱ・給食の運営(病院)、給食経営管理実習Ⅱ(小学校、福祉施設)、公衆栄養学実習Ⅱ(保健所・市町村保健センター)で学ばせていただいたことをスライドにまとめて発表しました。

報告会には実習でお世話になった管理栄養士の先生方もお越しくださり、貴重なご意見、アドバイスをいただきました。

日本農芸化学会中四国支部講演会および市民フォーラムが本学で行われます。

平成28年1月23日(土)に、日本農芸化学会中四国支部創立15周年記念 日本農芸化学会中四国支部第44回講演会(例会)および 第27回市民フォーラムを、本学で行います。詳細は学会HPに掲載しておりますのでご覧ください。

→日本農芸化学会中四国支部HP

栄養学科学生が地域活動を実施しました。

〈実施日時〉11月19日 11時50分から12時35分(4限)と給食時

岡山市立石井小学校において栄養学科学生7名が「How to use chopsticks」という英語を交えてのお箸の授業を実施しました。この授業は、昨年度の給食経営管理実習Ⅱ(3年生臨地実習)で実施したお箸の授業を基に、昨年度3月に国際交流推進事業:アデレード保健福祉スタディツアーで訪問した南オーストラリア州アデレードの高校で実際に現地の高校生を対象に本学の学生が実践した活動を、更に岡山の小学校でも広げる目的で企画したものです。実施には、学校教育目標を「共に生きる、自分を高める、国際感覚をもつ子どもの育成」と定め、イマージョン教育を取り入れている岡山市立石井小学校にて給食主任が担任を務める2年生のクラスにご協力頂きました。

当日は、4限の授業時間に「お箸の使い方」と「お箸にまつわるマナー」、大豆や小豆を使った「お箸ゲーム」を行い、その後の給食時にも実際にお箸を上手に使えているか観察させて頂きました。授業後アンケートより、「お箸の授業はとても楽しかった」「もっとお箸に興味をもった」「お箸の使い方に自信が付いた」「お箸のマナーがわかった」など児童からは嬉しい感想も聞くことが出来ました。

栄養学科の学生がカゴメと共同でレシピを開発しました。

栄養学科4年生の江戸良也子さん、畑山美優希さん、森美幸さんがカゴメ(株)中国支店と共同でオリジナルメニューを開発しました。岡山県食の安全・食育推進協議会が認定する「おかやま食育推進協賛事業第57号」の一環です。学生はスーパーでの料理教室に講師として招かれ、開発したメニューのデモンストレーションを行いました。そこでメニューを作成して、試食した人達からは好評を得ました。

→メニューはこちら

県大祭において栄養学科の学内開放を行いました。

11月7日(土)に行われた県大祭において、栄養学科の学内開放を行いました。
今年の学内開放は①人工イクラを作ってみよう!②バナナのDNAを取り出してみよう!③栄養学科実習紹介④進路相談コーナー⑤栄養相談コーナー(岡山県栄養士会総社支部との共同事業)を行い、のべ165名の方に参加いただきました。
多くのご参加、誠にありがとうございました!

栄養学科の教員が日本生薬学会学術貢献賞を受賞しました。

保健福祉学部栄養学科の伊東秀之教授が、平成27年度日本生薬学会学術貢献賞を受賞しました。

→詳細はこちら

高校生のための大学授業開放を行いました。

8月29日(土)に高校生のための大学授業開放を行いました。
午前は高橋学部長による「高校生のための生化学入門」と伊東学科長による「高校生のための食品学入門」が行われ、午後は山本准教授による「高校生のための分子生物学実験」と新田准教授による「高校生のための調理学実験」が行われました。
8月最後の土曜日で暑い中でしたが、多くの高校生に参加していただきました。

→授業開放の様子はこちら(PDF)

栄養学科の学生が備前市栄養教室に参加しました。

8月11日(火)に備前市民センターで開催された「備前市栄養教室」に、公衆栄養学研究室の学生3名が参加し、健康講話「ベジ活のすすめ 簡単3stepで健康美人」と地産地消と郷土料理の普及をねらいとした「野菜たっぷりベジ活メニュー」の調理実習を実施しました。この時のメニューはヒナビジョンや備前市広報誌で紹介される予定です。

〈メニュー〉
・がらエビの揚げ焼き丼
・しらも和え(郷土料理)
・なすとオクラの豆乳みそ汁
・ピオーネわらびもち

  • 講話の様子

  • 実習中

  • 試食の様子。参加者の皆さんと楽しくいただきました。

備前市食育推進専門委員会に栄養学科の学生が参加しました。

8月10日(月)に、備前市役所において開催された「備前市食育推進専門委員会」に公衆栄養学研究室の学生4名が参加しました。

会議では学生が作成した冊子「美膳の伝道師 備男備女集めました」において取材させていただいた方々とも一緒に「語り継ぎたい食べつぎたい備前の食~地産池消をすすめるために~」のテーマで情報交換を行いました。その中では取材を通しての気づきや学びなども紹介しました。

  • 委員会の様子

栄養学科の学生がピオーネを使った料理教室を企画運営しました。

8月8日(土)に総社市保健センターで行われたピオーネを使った料理教室の企画運営を、栄養学科公衆栄養学研究室の学生と栄養教諭課程履修学生が企画運営しました。

→詳細はこちら(PDF)

2015年度オープンキャンパスを実施しました。

平成27年7月26日(日)に、オープンキャンパスを開催いたしました。
栄養学科には県内外から約580名の方々がお越しくださいました。

講堂での学科紹介および学生生活紹介の後、実験体験コーナーや米粉麺試食会、個別相談や在学生との懇談会などの各コーナーにも多くの方々が足を運んでいただき、大盛況でした。
大変暑い中でしたが、大勢の方に参加していただきありがとうございました。

→オープンキャンパスの様子はこちらから

栄養学科の教員と学生が第10回村川技術奨励賞を受賞しました。

5月21日に第10回村川技術奨励賞の授与式が倉敷国際ホテルで行われ、栄養学科の山本登志子准教授、木本眞順美教授、博士後期課程の津嘉山泉さん、博士前記課程の田中充樹さんが「岡山県産自然薯の新規食品機能性の探索とその高機能性をいかした嚥下食の開発」の内容で奨励賞を受賞しました。

  • 授賞式の様子

ACN2015で栄養学科教員と大学院生が発表しました

平成27年5月14-18日に、"12th Asian Congress of Nutrition, ACN2015(第12回アジア栄養学会議)"が、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜にて開催されました。本学栄養学科から、教員と大学院生が参加し、発表を行いました。

→学会参加の様子はこちら
→12th Asian Congress of Nutrition, ACN2015

備前市との地域連携協働事業「食の人財」プロジェクトに取り組みました。

栄養学科学生13名、教員2名と情報システム工学科学生7名、教員1名が備前市との地域連携協働事業「食の人財」プロジェクトに取り組みました。冊子「美膳の伝道師 備男備女集めました」はプロジェクトメンバーで作成し、4月7日に備前市長へ進呈しました。

この活動については朝日新聞4月8日付、山陽新聞4月29日付に掲載されました。また、4月14日(火)RSKラジオ「朝です。全員起立 まちづくりの時間です」に出演し、活動の様子を紹介しました。

冊子に関する問い合わせは、備前市役所企画課(0869-64-1871)までご連絡ください。
なお、本冊子は備前市役所に来庁された方に配布しています。

事業の詳しい情報はこちらのページをご覧ください。→地域連携推進センター

東京で開催された国際学会で栄養学専攻の大学院生が発表しました。

2015年2月10-12日に東京京王プラザホテルで開催されました“6th International Canference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015)”において、保健福祉学研究科博士後期課程栄養学大講座1年の津嘉山泉さんが“Dioscorea japonica suppresses COX-2 and mPGES-1 expression and has preventive effects on squamous cell carcinoma”という演題でポスター発表を行いました。

→6th International Canference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015)

保健福祉スタディーツアーを実施しました。

平成27年2月28日~3月9日までの10日間、栄養学科学生8名、看護学科学生2名と教職員で、南オーストラリア州アデレードにおける保健福祉スタディーツアーを実施しました。

研修としてTAFE SAで豪州の保健福祉制度や専門英語の講義を受けると共に、現地の高齢者福祉施設や教育機関(Norwood Morialta High SchoolやCoromandel Valley Primary School)を訪問し異文化交流や外国語を使った食育の実践活動を実施しました。

また、滞在中はホームステイによりホームステイを体験することにより、語学修得と異文化交流・異文化理解の機会になりました。

→研修風景はこちら(PDF)

  • Coromandel Valley Primary School

平成27年度入学式がありました。

4月6日に平成27年度入学式があり、栄養学科に43名、大学院博士前期課程栄養学専攻に7名の新入生が入学しました。

  • 辻学長の式辞

  • 雨の中でしたが、桜が綺麗に咲いていました

  • 入学式後はサークルの勧誘合戦です

学位記授与式が行われました。

平成27年3月24日に学位記授与式が行われました。
栄養学科代表として杉秋穂さんが学位記を授与されました。
また、各種表彰が行われ、全国栄養士養成施設協会会長賞は藤田若菜さん、総社市奨励賞は萩原聖華さん、2014年度 日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞は金田麻央さん(博士前期課程2年)と戸田圭祐くん(学部4年生)が受賞しました。

  • 辻学長から学位記を授与

  • 皆さん、ご卒業&表彰おめでとうございます。