栄養学科TOPイメージ

栄養学科

保健福祉学部棟

学科ニュース・イベント

過去の学科ニュース・イベントはこちら
2016年度
2015年度
2014年度
〜2013年度
最新
修士論文,博士論文の中間報告会を行いました。

11月6日(月)に修士7名,11月7日(火)に博士2名の中間報告会を行いました。

それぞれの分野における研究について、背景や得られた結果,考察そして今後の予定などを発表しました。質疑応答では、様々な専門の教員から質問を受け,活発な討議が行われました。

この報告会で得られた貴重な意見を活かして、より一層研究活動に励み充実した院生生活になることを願っています。院生の皆さま,お疲れ様でした!

  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
  • 修士論文,博士論文の中間報告会
県大祭において栄養学科の学内開放を行いました。

11月4日(土)に行われた県大祭において、栄養学科の学内開放を行いました。

今年の学内開放は①カラフル人工イクラを作ろう!②米粉スイーツを試食できます!③栄養学科の情報がいっぱい!④進路相談コーナー⑤栄養相談コーナー(岡山県栄養士会総社支部との共同事業)を行い、のべ260名の方に参加いただきました。

多くのご参加、誠にありがとうございました!

  • 栄養学科学内開放
  • 栄養学科学内開放
  • 栄養学科学内開放
  • 栄養学科学内開放
  • 栄養学科学内開放
栄養学科の学生が開発したメニューが薬草シンポジウムで紹介されました。

COC+事業の協働機関である真庭市で、「第6回全国薬草シンポジウム2017 inまにわ」が10月7日に開催されました。

そのシンポジウム後の交流会に向けて、岡山県立大学とNPO法人とみはらむらとのコラボ企画として、本学栄養学科4年生の石橋尚子さん、坂口志保さん、武政有賀さんが薬草を使ったメニューの開発を行いました。提案した5品のうち、「オオバコポタージュ」「鶏肉の香草焼き」が地元の料理人によって、参加者約120名に振る舞われました。

□提案した5品
・鶏肉の香草焼き(オオバコ、タンポポ)
・スパニッシュオムレツ(イノコズチ)
・オオバコポタージュ(オオバコ)
・薬草クッキー(クズの花、オオバコ、タンポポ、イノコズチ)
・ヨーグルトシャーベット(クズの花)

  • 薬草シンポジウム交流会交流会の様子
  • 薬草シンポジウム交流会提案した鶏肉の香草焼き
  • 薬草シンポジウム交流会提案したオオバコポタージュ
カナダで開催された国際学会に本学科教員と学生が参加しました。

カナダのケベックで行われたThe 8th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2017)に、本学科教員3名と大学院生4名、学部生1名が参加しました。

  • The 8th International Conference on Polyphenols and Health参加の様子
  • The 8th International Conference on Polyphenols and Health参加の様子
  • The 8th International Conference on Polyphenols and Health参加の様子
  • The 8th International Conference on Polyphenols and Health参加の様子
いよいよ3年生は学外での臨地実習が始まります。

10月16日より,3年生は学外での臨地実習が始まります。

病院や小学校,施設,保健所など様々な場所での実習が12月まで行われます。これまで大学で学んだことを現場でどのように実践されているのか,沢山の体験や見学を通して多くの気づきが得られますよう願っています。

ガンバレ,3年生!(写真は,10月13日に行われたセレモニーの様子です。)

  • 学外臨地実習セレモニー
  • 学外臨地実習セレモニー
片山工業、総社市、岡山県立大学の産官学連携によるメディカルフィットネス講座にて本学科教員が栄養に関する講話を実施しました。

10月12日のメディカルフィットネス講座に,約30名の方が参加されました。

まずは,踏み台昇降運動を中心とした運動を行い,その後,臨床栄養学の教員である平松准教授より「生活習慣病予防のための健康的な食事」というテーマで講話が行われました。

時間栄養学から認知症予防まで多岐にわたる内容に,参加者の方も一生懸命耳を傾けておられました。

  • 片山工業、総社市、岡山県立大学のメディカルフィットネス講座
  • 片山工業、総社市、岡山県立大学のメディカルフィットネス講座
ハラール食の試食会を実施しました。

10月12日(木)午後に、異文化理解を進めるためのハラール食に関する卒業研究(岸本研究室)の一環として,ハラール食の試食会が行われました。同じ時に,インドネシア・イスラム教大学(UMI)の方が本学を訪問され,調理実習室の視察の際に試食して頂きました。ハラール対応の鶏モモ肉は勿論、ハラール対応醤油や味噌を使用し,和食本来の美味しさをハラール食で再現し,「美味しい!」といった感想を頂きました。

  • ハラール食の試食会
  • ハラール食の試食会
  • ハラール食の試食会
片山工業、総社市、岡山県立大学の産官学連携によるメディカルフィットネス講座が始まりました!

昨年に続き,今年も9月9日より産官学連携によるメディカルフィットネス講座が始まりました。

本講座は,情報工学部人間情報工学科の教員をはじめ本栄養学科の教員も食事や生活習慣について関わっています。

9月14日には,総社市長をはじめ来賓の方から沢山のエールが参加者の皆さんに届けられました。その様子が2017年9月15日付の読売新聞にて「産官学でメタボ解消」の記事として紹介されています。

  • 片山工業、総社市、岡山県立大学のメディカルフィットネス講座
  • 片山工業、総社市、岡山県立大学のメディカルフィットネス講座
岡山大学周術期管理センターの管理栄養士の先生による講演がありました。

3年生の授業に,岡山大学周術期管理センターの管理栄養士である園井先生が特別講師として講演をして下さりました。管理栄養士として大事にされていること,どのように多職種と協力されているのか,具体的な経験談を交えてわかりやすくお話していただきました。

講演を聞いて,QOLの決定因子の内,50%は栄養に関連した因子だと知り管理栄養士の重要性を再認識できたなどの声がありました。3年生は,10月から始まる臨地実習に向けて準備をはじめているところですが,とてもいいタイミングで刺激を頂けたと思います。

園井先生,本当に有難うございました。

  • 管理栄養士 園井先生 特別講師
  • 管理栄養士 園井先生 特別講師
本学科教員と院生がイノベーション・ジャパン2017に出展しました。

平成29年8月31日~9月1日に、イノベーション・ジャパン2017が東京ビッグサイトで行われ、栄養学科の伊東教授、新田准教授、我如古助教、大学院生の土海さん、渡辺さん、新實さんが出展者として出席しました。

本イベントは、全国から500超の大学、ベンチャー・中小・中堅企業等が研究開発の成果を展示・発表するもので、産学のビジネスマッチングとしては国内最大規模の大学見本市です。栄養学科からは「米粉麺の特性を生かした食品開発研究」のタイトルで出展し、多くの方々にご覧いただきました。

  • イノベーション・ジャパン2017
  • イノベーション・ジャパン2017
高校生のための大学授業開放を実施しました。

8月19日(土)に、高校生を対象にした大学授業開放が本学で実施され、栄養学科でも講義と実験実習が行われました。

午前は「臨床栄養学入門(入江康至教授担当)」「栄養教育論入門(川上貴代教授担当)」が講義形式で、午後は「生化学実験(川上祐生准教授担当)」「給食管理実習(田淵真愉美准教授担当)」が実験実習形式で行われ、多くの高校生にご参加いただきました。

  • 高校生のための大学授業開放
  • 高校生のための大学授業開放
  • 高校生のための大学授業開放
  • 高校生のための大学授業開放
平成29年7月23日(日)に、保健福祉学部のオープンキャンパスが行われました。

当日は暑い中ではありましたが、岡山県内外から560名もの高校生や保護者の方にご来訪いただきました。

学科の紹介をはじめ、個別相談や試食コーナー、実験体験コーナー、在学生との懇談コーナーなど大勢の方にご参加いただきました。本当にありがとうございました。

  • 保健福祉学部オープンキャンパス
  • 保健福祉学部オープンキャンパス
  • 保健福祉学部オープンキャンパス
本学公開講座が開催されました。

7月8日(土)、7月15日(土)に本学で行われた公開講座「知って得する糖尿病との付き合い方」にて、平松准教授が「おいしい・うれしい・楽しい食事のコツ」というテーマで講義をしました。

当日は、若い方からご高齢の方まで幅広い世代の方々に御参加いただき、お弁当や学生手作りの低エネルギーデザートを参加者の方々全員と会食しました。糖尿病の食事は特別なお食事ではないということを理解していただけたようです。雰囲気も和気あいあいとして楽しいひとときを過ごすことができました。

大勢の方の御参加、誠に有難うございました。

  • 保健福祉学部栄養学科公開講座
  • 保健福祉学部栄養学科公開講座
栄養学科教員と学生が備前市栄養教室を行いました。

平成29年7月11日、備前市保健課管理栄養士と栄養学科公衆栄養学研究室の教員、学生3名が協働で、備前市の健康づくりのための栄養教室で食育を行った。

備前市での食育活動は平成26年度から始まり、今年は備前市の食育の課題である「若い世代の食生活の改善」をテーマに学生からは健康講話「パパッとごはんで体も心もすっきり」と「フライパン一つでパパッとできる体も心もすっきりメニュー」の調理実習を行った。

参加者の栄養委員さんからは紹介したメニューの活用案として「男性料理教室で試してみよう」「子どもの食育活動の際におやつとして提供してみよう」など、家庭での実践はもとより、今日の学びが市民の食育活動に活用される広がりを見せている。調理実習のメニューはヒナビジョンでも紹介される。

  • 健康講話
  • 調理実習風景
  • ・主菜〜鮭のガーリックバターしょうゆ〜
    ・副菜〜スプーンで食べる☆夏のサラダ〜
    ・汁物〜ミキサー要らず!じゃがいものポタージュ〜
    ・デザート〜ボウル一つで!おから入りバナナケーキ〜
栄養学科学生が総社市若手職員【クロストーク】に参加しました。

平成29年6月23日、総社市若手職員と栄養学科公衆栄養学研究室の学生3名が他学科の学生2名とともに、総社市の政策や未来について話し合うクロストークに参加しました。

総社市職員とのクロストークは昨年度から始まり、今回が2回目で、「チュッピーの活用」をテーマに話し合いました。

総社市子ども課白神和彦係長より、チュッピーの歴史や、関連商品を紹介された後、学生からは活用案として「古民家を活用したチュッピーカフェを作る」「県大のゆるキャラとコラボした商品を作る」など、学生ならではの斬新なアイデアが生まれました。

  • チュッピー活用のアイデアを出す学生
  • チュッピー君
【卒業生発信!】第2回 栄養学科卒業生による勉強会が開催されました。

平成29年6月17日(土)に,2014年度卒業生を主体とした勉強会が実施されました。

主に医療・介護施設で管理栄養士として働く4名の卒業生によるプレゼンが行われ,参加者にとっては、管理栄養士として働く中で、疑問に思う事を相談したり、情報を交換する良い機会になりました。

また,在学生も参加し,現場で働く卒業生との交流もできました。
次回は,11月頃を予定しています。

問い合わせ先:opu.nutrition@gmail.com(岡山県立大学栄養勉強会)

新入生研修旅行を実施しました。

平成29年6月3日(土)に、栄養学科の新入生研修旅行を実施しました。

真庭の富原公民館に向い、NPO法人とみはらむら,富原婦人林研クラブ(やまんばぁば),元地域おこし協力隊,真庭市勝山振興局の方々にお世話になり、お茶摘み、薬草・山菜摘み、こんにゃく造り体験や薬草料理の調理体験を行いました。

お昼は地元富原で採れた山菜や薬草たっぷりのカレーや天ぷら、ちらしずし(おふくろの味、とても美味しかったです!!)を頂きました。午後からは、のれんの町で有名な勝山の文化センターにてアドバイザーミーティングやレクリエーションを行い、その後のれんの町並を散策しました。

最後に真庭あぐりガーデンでカピバラさんに会って、お買い物をし、帰路に着きました。

  • “やまんばぁば”の指導のもと薬草摘み
  • お昼ご飯!!
  • のれんの町散策
  • 蒟蒻づくり
  • 調理体験
  • お茶摘み体験
平成29年度入学式が行われました。

4月5日(水)に平成29年度入学式が行われ、栄養学科に44名、大学院博士前期課程栄養学専攻に3名、博士後期課程栄養学大講座に2名の新入生が入学しました。

  • 初々しいですね
  • 辻学長の挨拶
  • 春は県大構内や周辺が桜でいっぱいになります