岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

栄養学科
Department of Nutritional Science

学科 ニュース・お知らせ

イベント

第21回県大吉備塾を開催しました!

2018年7月28日(土),県大吉備塾を行いました。21回目となる今回は,「大学での学びは業務のこんなところで生かされている」と題して,4名の卒業生にお仕事についてお話を伺いました。当日栄養学科の学生は,3年生を中心として14名の参加がありました。

はじめに,栄養学科の平松准教授より開会のあいさつの後,栄養学科の山下教授より,県大吉備塾の趣旨説明と各講師の紹介を行いました。

13時05分~14時20分に行った第一部では,各講師による仕事内容や学生時代の就職活動などに関するプレゼンテーションを行いました。はじめに,岡山県備中保健所で管理栄養士としてご活躍中の永易あゆ子氏より,水害被害における保健所管理栄養士の役割などについてのお話しいただきました。次に,新見市立大佐中学校で栄養教諭としてご活躍中の角野はるか氏より,栄養教諭としてのお仕事の概要や大学時代の就職活動などについて幅広くお話しいただきました。次に,医療法人仁徳会森下病院で管理栄養士としてご活躍中の西田明美氏より,患者さんの体調に合わせた食事の提供や工夫など実践的な内容についてお話しいただきました。そして,キッセイ薬品工業株式会社で管理栄養士としてご活躍中の加納祥子氏より,企業の部門によって求められる能力が違うことやストレスマネジメント等についてお話しいただきました。

14時30分~16時に行った第二部では,各講師を囲み,座談会形式でそれぞれの職業について話し合いました。アットホームな雰囲気で,和気あいあいと大学生活や社会人生活などについて話し合いました。教員も学生に混じり,講師の先生方にたくさん質問をさせていただきました。あっという間に終わりの時間が近づき,終了後も意見交換をしている姿もありました。現場の生の声を聞くことで,学生・教員ともにたくさんの学びや気づきを得ることができました。

  • 第21回県大吉備塾
  • 第21回県大吉備塾
  • 第21回県大吉備塾
  • 第21回県大吉備塾
  • 第21回県大吉備塾

前のページに戻る

ページTOP