教員紹介

氏名
  中島 伸佳 NAKAJIMA, Nobuyoshi
職位
  准教授
E-Mail
  nkmt-nakajima●fhw.oka-pu.ac.jp
(●を@に変更)
研究室番号
  6210







専門分野
  応用微生物学・応用生物化学・酵素利用学・生物工学・食品酵素科学
担当科目
  【共通教育科目】生物と環境、みぢかなバイオテクノロジー、他
【学部教育科目】食品分析学、食品加工演習、栄養学基礎実験、卒業研究、他
【大学院博士前期課程】食品酵素学特論、食品酵素学特論演習、他
【大学院博士後期課程】食品酵素科学特別講義、他
本籍・生年月日
血液型
  奈良県、昭和32年11月27日生まれ、酉年、A型、RH+
学歴
  昭和55年3月 高知大学 農学部農芸化学科卒業(農学士)
昭和58年3月 京都大学大学院 農学研究科農芸化学専攻修士課程修了(農学修士)
昭和61年3月 京都大学大学院 農学研究科農芸化学専攻博士課程単位取得退学(農学博士)
留学歴
  平成元年~2年 文部省在外研究員(西ドイツ、国立バイオテクノロジー研究所)
平成6年~7年 客員助教授(米国、コロラド州立大学 生化学・分子生物学科)
職歴
  昭和61年4月 京都大学 化学研究所 研究員
昭和62年4月 岡山県立短期大学 食物科 講師
平成5年4月 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科、並びに、平成9年4月 同大学大学院 保健福祉学研究科 講師、助教授を経て、准教授

この間、平成元年より1年間 文科省在外研究員(西ドイツ 国立バイオテクノロジー研究所へ留学)、平成6年より1年間 客員助教授(米国 コロラド州立大学生化学・分子生物学科へ留学)、平成15年度 岡山大学地域共同研究センター 共同研究員

非常勤講師(岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、吉備国際大学、岡山科学技術専門学校)
学位(博士号)
  京大農博 508号(昭和62年取得):「Enzymological Studies on Glutamate Racemase of a Lactic acid Bacterium(乳酸菌のグルタミン酸ラセマーゼの酵素化学的研究)」

(発表論文): Cloning and Expression in Escherichia coli of the Glutamate Racemase Gene from Pediococcus pentosaceus. Agric. Biol. Chem., 50 (11), pp. 2823-2830, 1986. 他3編
免許・資格
  農業改良普及員、船舶操縦士(1級、小型)、自動車運転免許(中型)
研究テーマ
 
  1. グルタミン酸ラセマーゼの酵素化学と「光学活性アミノ酸」の酵素的生産
  2. 微生物や海洋生物等由来の「酵素バイオリアクター」による有用光学活性物質の合成
  3. ミミズに関連したプロテアーゼ等の酵素類の触媒機能の解析とバイオマス分解への応用
  4. ヒト腸内細菌の多糖類分解酵素を利用する「食物繊維」からのオリゴ糖の生産
  5. 植物細胞由来の糖転移酵素反応を用いる薬理機能物質の「配糖化」と新機能分子設計
  6. 植物色素やポリフェノール類の酵素的安定化と高機能化:「抗酸化作用」等を中心に
  7. 「エコシステム」を利用した「環境汚染関連物質」の除去・回収法の開発
  8. 真珠貝のラジカル損傷によるストレス傷害の防止と「耐性貝」の環境科学的育種
  9. 「未利用生物資源」の活用、並びに、「保健機能」等を有する生理機能物質の探索:「発酵醸造食品」との関連において
  10. 特殊な機能を有する「有用微生物」の単離と機能解析
研究業績
  上記の酵素バイオテクノロジーに関する論文等
著書:10 編以上
原著論文(英文、邦文、総説、雑誌、紀要、等を含む):150報以上
特許:2件
国際学会発表:10回以上
国際誌「論文:MOLCAB」編集者(Guest Editor)
代表的な
研究論文
 
  1. Enzymatic in situ Determination of Stereospecificity of NAD+-Dependent Dehydrogenases.
    J. Biol. Chem., 264 (17), pp. 9750-9752, 1989.
  2. Multi-enzymatic Glucosylation using Eucalyptus UDP-glucosyltransferase Coupled UDPglucose-fermentation by Bakers’ yeast.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 63(5), pp. 934-936, 1999.
  3. Lipase-catalyzed Regioselective and Direct Acylation of Flavonoid Glucoside for Mechanistic Investigation of Stable Plant-pigment.
    J. Biosci. Bioeng., 87(1), pp. 105-107, 1999
  4. Dietary-Fiber-Degrading Enzymes from a Human Intestinal Clostridium and their Application for Oligosaccharide Production from Nonstachy Polysaccharides Using the Immobilized Cells.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 59, pp. 182-189, 2002.
  5. Earthworm-Serine Protease: Characterization, Molecular Cloning, and Application of the Catalytic Functions.
    J. Mol. Catal. B: Enzymatic, 23, pp. 191-212, 2003.
  6. Damage to Cultivated Japanese Pearl Oysters by Oxidative Stress That Was Related to “Mass Moltality”.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 67(11), pp. 2470-2473, 2003
  7. Improvement of Marine Environmental Pollution Using Eco-system: Decomposition and Recovering of Endocrine Disruption Chemicals by Marine Phyto- and Zooplanktons.
    J. Mol. Catal. B: Enzymatic, 23, pp. 419-424, 2003.
  8. Comparison on Acylated Plant Pigments: Light-resistibility and Radical Scavenging Ability.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 67(8), pp. 1828-1831, 2003.
  9. An Isozyme of Earthworm Serine Proteases Acts on Hydrolysis of Triacyglycerol.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 69(10), pp. 2009-2011, 2005.
  10. Stereoselective Reduction of Carbonyl Compounds with Actinomycete: Purification and Characterization of Three alfa-Keto Ester Reductase from Streptomyces avermitilis.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 72(12), pp. 3249-3257, 2008.
  11. Isoquercitrin Improved the Health of Japanese Pearl Oyster, Pinctada fucata martensii, Affected by Akoya Oyster Disease.
    Aqua. Sci., 58(1), pp. 151-153, 2010.
  12. Preparation of Arbutin Derivatives: Lipase-catalyzed Direct Acylation without the Need of Vinyl Ester as an Acyl Donor.
    J. Biosci. Bioeng., 109(6), pp. 554-556, 2010.
  13. Plant-based Paste Fermented by Lactic Acid Bacteria and Yeast: Functional Analysis and Possibility of the Application to Functional Foods.
    Biochem. Insights, 5, pp. 21-29, 2012.
  14. Preparation of Chiral Hydroxy Esters Using Actinobacteria: Biocatalyst Activity of Marine-Derived Micromonospora and Streptomyces Strains.
    O. J. Appl. Sci., 3. pp. 116-122, 2013.
  15. Synthesis of Glycosides of Resveratorol, Pterostilbene, and Piceatannol, and their Anti-oxidant, Anti-allergic, and Neuroprotective Activities.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 78(7), pp. 1123-1128, 2014.
研究業績
関連事項
(外部資金取得状況等)
  「科学研究費補助金」等を含む「外部資金」取得件数:50件以上
受賞歴
 
  1. 平成12年 伊原木記念賞(瀬戸内海総合開発特別研究:山陽放送学術文化財団)
  2. 平成14年 日本農芸化学会中四国支部 奨励賞
  3. 平成15年 岡山県栄養士養成施設協議会 会長表彰(栄養士養成功労)
  4. 平成19年 岡山リサーチパーク研究・展示発表会 奨励賞
  5. 平成21年 全国栄養士養成施設協会 会長表彰(顕彰)
  6. 平成26年 岡山県保健福祉部長表彰(栄養士養成功労)
所属学会・研究会、役員等
  日本農芸化学会、生体触媒化学研究会、他
岡山県企業誘致アドバイザー

日本農芸化学会 中四国支部評議員(任期終了)
日本農芸化学会 全国代議員(任期終了)
岡山県立大学 共同研究機構、並びに、地域共同研究機構 兼務・幹事(任期終了)
岡山県立大学 OpUフォーラム実行委員会 (総合司会進行担当)委員(任期終了)
岡山リサーチパーク研究展示発表会実行委員会委員(任期終了)
岡山バイオアクテイブ研究会 幹事・委員(任期終了)
国際学術誌「論文:MOLCAB」編集者:Guest Editor(任期終了)



ウインドウを閉じる