教員紹介

氏名 中島 伸佳 NAKAJIMA, Nobuyoshi
職位 准教授
E-Mail nkmt-nakajima●fhw.oka-pu.ac.jp
研究室番号 6210

専門分野 応用微生物学・応用生物化学・酵素利用学・食品酵素化学・生物工学
担当科目
【共通教育科目】
環境科学論A、科学技術論B、他
【学部教育科目】
栄養学基礎実験、食品分析学、食品加工演習、総合演習III、卒業研究、他
【大学院博士前期課程】
食品酵素学特論、食品酵素学特論演習、他
【大学院博士後期課程】
食品酵素科学特別講義、他
本籍・生年月日
血液型
奈良県、昭和32年11月27日生まれ、酉年、A型、RH+
学歴
  • 昭和55年3月 高知大学 農学部農芸化学科卒業(農学士)
  • 昭和58年3月 京都大学大学院 農学研究科農芸化学専攻修士課程修了(農学修士)
  • 昭和61年3月 京都大学大学院 農学研究科農芸化学専攻博士課程単位取得退学(農学博士)
留学歴
  • 平成元年~2年 文部省在外研究員(西ドイツ、国立バイオテクノロジー研究所)
  • 平成6年~7年 客員助教授(米国、コロラド州立大学 生化学・分子生物学科)
職歴
  • 昭和61年4月 京都大学 化学研究所 研究員
  • 昭和62年4月 岡山県立短期大学 食物科 講師
  • 平成5年4月 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科、並びに、平成9年4月 同大学大学院 保健福祉学研究科 講師、助教授を経て、准教授

この間、平成元年より1年間 文科省在外研究員(西ドイツ 国立バイオテクノロジー研究所へ留学)、平成6年より1年間 客員助教授(米国 コロラド州立大学生化学・分子生物学科へ留学)、平成15年度 より1年間 岡山大学地域共同研究センター 共同研究員

非常勤講師(岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、吉備国際大学、岡山科学技術専門学校、他)

学位(博士号)

京大農博 508号(昭和62年取得):「Enzymological Studies on Glutamate Racemase of a Lactic acid Bacterium(乳酸菌のグルタミン酸ラセマーゼの酵素化学的研究)」

(発表論文): Cloning and Expression in Escherichia coli of the Glutamate Racemase Gene from Pediococcus pentosaceus. Agric. Biol. Chem., 50 (11), pp. 2823-2830, 1986. 他3編

免許・資格 農業改良普及員資格、船舶操縦士免許(1級、小型)、自動車運転免許(中型)
研究テーマ
  1. グルタミン酸ラセマーゼの酵素化学と「光学活性アミノ酸」の酵素的生産
  2. 微生物や海洋生物等由来の「酵素バイオリアクター」による有用光学活性物質の合成
  3. ミミズに関連したプロテアーゼ等の酵素類の触媒機能の解析とバイオマス分解への応用
  4. ヒト腸内細菌の多糖類分解酵素を利用する「食物繊維」からのオリゴ糖の生産
  5. 植物細胞由来の糖転移酵素反応を用いる薬理機能物質の「配糖化」と新機能分子設計
  6. 植物色素やポリフェノール類の酵素的安定化と高機能化:「抗酸化作用」等を中心に
  7. 「エコシステム」を利用した「環境汚染関連物質」の除去・回収法の開発
  8. 真珠貝のラジカル損傷によるストレス傷害の防止と「耐性貝」の環境科学的育種
  9. 「未利用生物資源」の活用、並びに、「保健機能」等を有する生理機能物質の探索:「発酵醸造食品」との関連において
  10. 特殊な機能を有する「有用微生物」の単離と機能解析
研究業績
  • 著書:10 編以上
  • 原著論文(英文、邦文、総説、雑誌、紀要、等を含む):150報以上
  • 特許:2件
  • 国際学会発表:20回以上
  • 国際誌「論文:MOLCAB」編集者(Guest Editor)1年間
代表的な
研究論文
  1. Enzymatic in situ Determination of Stereospecificity of NAD+-Dependent Dehydrogenases.
    J. Biol. Chem., 264 (17), pp. 9750-9752, 1989.
  2. Multi-enzymatic Glucosylation using Eucalyptus UDP-glucosyltransferase Coupled UDPglucose-fermentation by Bakers’ yeast.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 63(5), pp. 934-936, 1999.
  3. Lipase-catalyzed Regioselective and Direct Acylation of Flavonoid Glucoside for Mechanistic Investigation of Stable Plant-pigment.
    J. Biosci. Bioeng., 87(1), pp. 105-107, 1999
  4. Dietary-Fiber-Degrading Enzymes from a Human Intestinal Clostridium and their Application for Oligosaccharide Production from Nonstachy Polysaccharides Using the Immobilized Cells.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 59, pp. 182-189, 2002.
  5. Earthworm-Serine Protease: Characterization, Molecular Cloning, and Application of the Catalytic Functions.
    J. Mol. Catal. B: Enzymatic, 23, pp. 191-212, 2003.
  6. Damage to Cultivated Japanese Pearl Oysters by Oxidative Stress That Was Related to “Mass Moltality”.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 67(11), pp. 2470-2473, 2003
  7. Improvement of Marine Environmental Pollution Using Eco-system: Decomposition and Recovering of Endocrine Disruption Chemicals by Marine Phyto- and Zooplanktons.
    J. Mol. Catal. B: Enzymatic, 23, pp. 419-424, 2003.
  8. Comparison on Acylated Plant Pigments: Light-resistibility and Radical Scavenging Ability.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 67(8), pp. 1828-1831, 2003.
  9. An Isozyme of Earthworm Serine Proteases Acts on Hydrolysis of Triacyglycerol.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 69(10), pp. 2009-2011, 2005.
  10. Stereoselective Reduction of Carbonyl Compounds with Actinomycete: Purification and Characterization of Three alfa-Keto Ester Reductase from Streptomyces avermitilis.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 72(12), pp. 3249-3257, 2008.
  11. Isoquercitrin Improved the Health of Japanese Pearl Oyster, Pinctada fucata martensii, Affected by Akoya Oyster Disease.
    Aqua. Sci., 58(1), pp. 151-153, 2010.
  12. Preparation of Arbutin Derivatives: Lipase-catalyzed Direct Acylation without the Need of Vinyl Ester as an Acyl Donor.
    J. Biosci. Bioeng., 109(6), pp. 554-556, 2010.
  13. Plant-based Paste Fermented by Lactic Acid Bacteria and Yeast: Functional Analysis and Possibility of the Application to Functional Foods.
    Biochem. Insights, 5, pp. 21-29, 2012.
  14. Preparation of Chiral Hydroxy Esters Using Actinobacteria: Biocatalyst Activity of Marine-Derived Micromonospora and Streptomyces Strains.
    O. J. Appl. Sci., 3. pp. 116-122, 2013.
  15. Synthesis of Glycosides of Resveratorol, Pterostilbene, and Piceatannol, and their Anti-oxidant, Anti-allergic, and Neuroprotective Activities.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 78(7), pp. 1123-1128, 2014.
  16. Microbil Preparation of Chiral Alcohols:Stereoselective Reductionof Carbonyl Compounds using Two Genera of the Streptosporangiaceae fanily-Streptosporangium and Nonomuraea. Int.J.Curr.Microbial.App.Sci., 6(8), pp.1-12,2017.
研究業績
関連事項
(外部資金取得状況等)
「科学研究費補助金」等を含む「外部資金」取得件数:50件以上
受賞歴
  1. 平成12年 伊原木記念賞(瀬戸内海総合開発特別研究:山陽放送学術文化財団)
  2. 平成14年 日本農芸化学会中四国支部 奨励賞
  3. 平成15年 岡山県栄養士養成施設協議会 会長表彰(栄養士養成功労)
  4. 平成19年 岡山リサーチパーク研究・展示発表会 奨励賞
  5. 平成21年 全国栄養士養成施設協会 会長表彰(顕彰)
  6. 平成26年 岡山県保健福祉部長表彰(栄養士養成功労)
所属学会・研究会、役員等
  • 日本農芸化学会、生体触媒化学研究会、他
  • 企業誘致アドバイザー、サイエンスアドバイザー、他
  • 日本農芸化学会 全国代議員(任期終了)
  • 日本農芸化学会 中四国支部評議員(任期終了)
  • 国際学術誌「論文:MOLCAB」編集者:Guest Editor(任期終了)
  • 岡山県立大学 共同研究機構、並びに、地域共同研究機構 兼務・幹事(任期終了)
  • 岡山県立大学 OpUフォーラム実行委員会 (総合司会進行担当等)委員(任期終了)
  • 岡山リサーチパーク研究展示発表会実行委員会委員(任期終了)
  • 岡山バイオアクテイブ研究会 幹事・委員(任期終了)

ウインドウを閉じる