岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

保健福祉学科
Department of Health and Welfare Science

子ども学専攻

専攻について

子ども学専攻では、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格および社会福祉主事任用資格の取得ができます。

いずれも資格取得のためには所定の単位を取得するなど、別途定める要件があります。

主なカリキュラム

  • 体育Ⅰ(表現運動)イメージ
  • 体育Ⅰ(表現運動)
  • 小学校体育科「表現運動」領域の教育内容から、実際に動きを創出する体験を通して実践に必要な技能を身に付けます。グループで作品の創作・発表を行います。
  • 幼児教育方法論イメージ
  • 幼児教育方法論
  • 幼児教育の「ねらい」を達成するために求められる保育内容の指導法理解を目標に、幼児期の発達特性を踏まえた教育の方法や技術について、情報機器及び視聴覚教材の活用法も含めて実践的に学び合います。
  • 子どもの発達と表現イメージ
  • 子どもの発達と表現
  • 乳幼児や発達に特別な配慮を必要とする子どもの表現について、実際に地域の子どもたちとの交流を通じ、多様な表現の可能性とその教育的価値についての学びを深めます。
  • 共通教育科目
  • 専門共通科目
  • 専門科目(子ども学専攻)

1年次

  • 人文・社会科学要論
  • 心理学
  • 日本国憲法
  • 自然科学要論
  • コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱ
  • 健康スポ一ツA・B
  • スポ一ツ科学
  • English Language Program1~4
  • おかやまボランティア論
  • おかやまを学ぶ
  • 入門ゼミナール
  • 保健福祉学入門
  • 社会福祉原論
  • 社会保障論Ⅰ
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論Ⅰ
  • ソーシャルワーク論
  • 人体の構造と機能Ⅰ
  • 教育基礎論
  • 音楽Ⅰ(ピアノ)
  • 教育心理学
  • 保育内容総論
  • 保育内容Ⅰ(人間関係)
  • 子ども臨床基礎論
  • 保育原理Ⅰ

2年次

  • 地域再生実践論
  • 地域協働演習
  • English Language Program5・6
  • 基礎ゼミナール
  • 地域福祉論
  • 児童福祉論Ⅱ
  • 身体機能と障害
  • 知的発達と障害
  • 国語
  • 音楽Ⅱ(ピアノ②)
  • 教師論
  • 教育と社会
  • 子どもの心理学
  • 障害児の発達と教育
  • 保育内容Ⅰ(健康・環境・言葉・造形表現・音楽表現・身体表現)
  • 幼児理解の理論と方法
  • 子どもの発達と表現
  • 子どもの保健ⅠA・ⅡB
  • 社会的擁護原理
  • 社会的擁護内容
  • 保育実習ⅠA
  • 保育実習指導ⅠA

3年次

  • 社会福祉施設経営論
  • 臨床心理学
  • 地域保健福祉演習
  • 専門ゼミナール
  • 生活
  • 音楽Ⅱ(ピアノ③)
  • 図画工作Ⅰ・Ⅱ
  • 体育Ⅰ(表現運動)
  • 体育Ⅱ(運動遊び)
  • カリキュラム論
  • 保育内容指導法
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ
  • 子ども家庭支援論
  • 相談援助演習
  • 保育原理Ⅱ
  • 幼児保育Ⅰ・Ⅱ
  • 教育実習
  • 教育実習指導
  • 保育実習ⅠB
  • 保育実習指導ⅠB

4年次

  • 研究ゼミナール
  • 保育内容Ⅱ(音楽表現)
  • 保育内容Ⅱ(総合表現)
  • 障害児指導法
  • 幼児教育方法論
  • 保育・教育相談
  • 子どもの発達と支援
  • 保育・教職実践演習
  • 保育実習Ⅱ・Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅱ・Ⅲ

取得可能な資格

  • 幼稚園教諭一種免許状(※)
  • 保育士
  • 社会福祉主事(任用資格)

(※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

幼稚園教諭一種免許状の取得

幼稚園教諭は、学校教育法に定められた幼稚園において「幼児の保育をつかさどる」(学校教育法第27条)教員のことです。幼稚園教諭は家庭・地域社会と連携しながら生涯にわたる人間形成の基礎を培う重要な役割を担っています。

保育士資格の取得

保育士は、児童福祉法に「専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」(児童福祉法18条の4)と定められています。保育士は保育所をはじめとした児童福祉施設に必置の専門職であり、子どもおよび子育て支援の中核を担う専門職として重要な役割を担っています。

実習の概要

<子ども学専攻 実習概要>

保育実習ⅠA
実習の概要 本人または家庭環境上の理由から、保護や専門的支援を必要とする子どもが入所する施設での、子どもの理解と支援、施設の機能および保育士の役割や倫理について体験を通じ理解する。
場所(主な実習先)
  • 保育所を除く児童福祉施設
保育実習ⅠB
実習の概要 保育所における保育活動の展開や保育環境を学び、子どもの理解と援助を行う。また、指導案の作成と実践を体験する。保育士の役割や倫理について体験を通じ理解する。
場所(主な実習先)
  • 保育所
保育実習Ⅱ
実習の概要 既習教科や保育実習ⅠBの経験を踏まえ、子どもの保育および保護者支援について総合的に学ぶ。
場所(主な実習先)
  • 保育所
保育実習Ⅲ
実習の概要 既習教科や保育実習ⅠAの経験を踏まえ、子どものニーズの把握と支援、保護者および家庭支援のための知識、技術、判断力を総合的に学ぶ。
場所(主な実習先)
  • 保育所を除く児童福祉施設
教育実習
実習の概要 幼稚園において、幼児教育について既習した理論と技能を実践と結びつけて理解し、教育的実践力に関わる能力を養う。
場所(主な実習先)
  • 幼稚園

※実習時期については変更されることがあります。※保育実習ⅡとⅢはどちらかの選択必修です。

ページTOP