岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

  • 岡山県立大学 保健福祉学部イメージ
  • 看護学科 Department of Nursing Science

    岡山県立大学 保健福祉学部 看護学科イメージ
  • 栄養学科 Department of Nutritional Science

    岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科イメージ
  • 現代福祉学科 Department of Contemporary Welfare Science

    岡山県立大学 保健福祉学部 現代福祉学科イメージ
  • 子ども学科 Department of Early Childhood Studies

    岡山県立大学 保健福祉学部 子ども学科イメージ
  • 大学院保健福祉学研究科 Graduate School of Health and Welfare Science

    岡山県立大学 大学院保健福祉学研究科イメージ

学部 ニュース・お知らせ

一覧

人と向き合う確かな信頼を得るために

保健福祉学部は,看護学科と栄養学科の他,2021年4月に誕生した現代福祉学科と子ども学科の4つの学科から構成されています。

保健福祉学部では,看護,栄養,福祉,幼児教育(保育)の分野で,地域社会や国際社会の人々の健康維持と増進に積極的に貢献できる人材の育成を目指しています。

共通教育では,就学基礎,人文・社会科学,自然科学,健康科学,語学国際,複合PBL(problem based learning)科目,社会連携といった7つのカテゴリーからなる豊富な科目を設置し,社会で必要とされる知識と能力,豊かな人間性を身に付けます。

各学科の専門教育では,体系的な講義科目と豊富な演習・実験・実習科目を設置し,各分野の高度な専門的知識と実践力を総合的に修得します。また,卒業研究により,科学的な思考と分析に基づいた課題発見・自己解決能力を身に付けます。

学部全体の専門教育では,海外や地域で実践的に学ぶ科目を設置し,グローバルセンスをもちながら地域社会や国際社会で活躍する能力を修得します。

また,主専攻とともに,大学全体で設置している2種類の副専攻としての岡山創生学課程と吉備の杜クリエーター課程も専攻できます。

岡山県立大学の校舎、講堂、噴水

学部長あいさつ

岡山県立大学保健福祉学部では、少子高齢化やグローバル化が進む地域社会・国際社会において、看護学、栄養学、社会福祉学、介護福祉学、幼児教育学の分野から、人々の健康や幸福のために貢献できる人材を育成しています。

本学部では、不確実性の高い現代社会において、人類が幸福に暮らせるための未来像を描き、その未来像を実現させるための豊かな人間性、理論的知識、実践力、そして、他者と連帯する力を育成します。

そのために、地域における様々な専門的活動プログラムや、海外の専門家との学術・文化交流プログラムを積極的に実施しています。

瀬戸内海に近く、緑豊かな古代文化の地にある岡山県立大学で、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

岡山県立大学保健福祉学部長
近藤 理恵

岡山県立大学保健福祉学部長

岡山県立大学子ども相談室を開設しました

このたび、子どもを育てる保護者の皆様や、子どもを支援する皆様の不安や悩みをサポートしていくための相談室を開設いたしました。
詳細は、リーフレットよりご確認ください。

ページTOP