教員紹介

氏名 二宮 一枝 NINOMIYA, Kazue
職位 特任教授
講座 広域看護学講座
E-Mail ninomiya●fhw.oka-pu.ac.jp
研究室番号 6304

専門分野 公衆衛生看護学、保健医療福祉行政論
担当科目
【学部】
地域看護学概論,地域保健福祉演習,看護政策マネジメント論,災害看護論,統合実習,卒業研究
【博士前期】
地域看護学特論・演習,国際保健看護学特論・演習,広域看護学特別研究,公衆衛生看護学概論,保健医療福祉行政論・同演習,公衆衛生看護診断論・同演習,公衆衛生看護学展開論・同演習,公衆衛生看護学実習
【博士後期】
地域看護科学特別講義,同研究
主な研究分野
  1. 行政保健師等のキャリア形成
  2. 発達障害児等への支援
主な研究業績
(単著)
  1. 『公衆衛生におけるインフォームド・コンセント−齲歯予防と水道水中のフッ化物 』慧文社,2005.pp88
  2. 『近代の岡山における社会事業の特質と展開過程-済世顧問と公衆衛生活動』大学教育出版社,2009,pp.181
主な研究業績
(学術論文)
  1. 二宮一枝:保健師教育における認知症カフェを用いた状況的学習カリキュラムの評価 (第1報)、岡山県立大学教育研究紀要2 (1)(印刷中)
  2. 二宮一枝・富田早苗:A県における地域包括支援センターに勤務する保健師のキャリアラダーに関する現状と課題、インターナショナルNursing Care Research 17(1)(印刷中)
  3. 富田早苗・二宮一枝:A県における病院保健師のキャリアラダーに関する現状と課題、インターナショナルNursing Care Research 17(1)(印刷中)
  4. 藤田彩見・矢島裕樹・二宮一枝:療育機関を利用する発達障害幼児の母親の就業に関する基礎的研究、新見公立大学研究紀要第38 (2) : 41-46、2018.
  5. 石井陽子・二宮一枝:児童相談所保健師に必要な専門的能力─児童相談所所管部門と保健師統括部門の比較、川崎医療福祉学会誌 27(2):425-432、2018.
  6. 石井陽子・二宮一枝:児童相談所保健師の活動と役割に関する文献的考察、川崎医療福祉学会誌 27 (2) : 505-512、2018.
  7. 二宮一枝:『済世顧問制度之精神』に照らした山本徳一の事績からの展望、民生委員制度創設100周年記念誌、22-25、2017.
  8. 二宮一枝:笠岡諸島における行政・NPO法人・住民との連携協働による教育実践、岡山県立大学教育研究紀要第1(1):63-72、2017.
  9. Hirano Etsuko , Ota Kiyomi , Ninomiya Kazue : Attitudes toward the Community and Characteristics of Leaders Managing Community-based Preventive Long-term Care Services ,Kawasaki journal of medical welfare,22(2),53-60 ,2017.
  10. 江田純子・二宮一枝:病院から退院する訪問看護ステーション新規利用者への初回訪問までの訪問看護師の関わりの実態、岡山県立大学保健福祉学部紀要24:157-160、2017.
  11. OTA Kiyomi, NINOMIYA Kazue : Relationships between Environmental Perceptions and Walking Exercise Behavior among Older People in Different Residential Areas , Kawasaki journal of medical welfare,21(2),23-31, 2016.
  12. 飯田直美・二宮一枝:自閉症児を抱える家族のファミリーレジリエンスにおける父親の役割、インタ一ナショナル Nursing Care Research 15(2), 93-102、2016.
ひとこと 「地域看護学」は,「健康」の実現にむけて住民の方々と共に,創りあげるプロセスでもあります。「協働」・「連携」・「創造」をキーワードに,学び,育つ喜びを実感できることを目指しています。

ウインドウを閉じる